闇金問題解決には警察と司法に協力要請を

闇金問題解決するには警察と司法に協力が不可欠です。
借金に苦しむ債務者が、それでも生活費や他の借金返済に充てるのに困って、闇金のような違法な貸金業者に金を借りてしまう人がいます。
闇金業者の存在は、借りるのは簡単ですが、その利息が法で定める上限利息など全く通用しないほど高い点で違法性があるのです。また、取り立て方法も強引で、返済が遅れたり、利息が足りなかった場合など、電話による攻勢が借りた本人だけでなく、保証人でもない家族や知人、あるいは会社関係者などにも及びます。その他、様々な嫌がらせ行為を繰り返します。
つまり、闇金業者から借りることは絶対に避けなければなりません。
闇金業者の言い分は、「借りる時に利息について合意しているので、利息が高いというのは不当である」というものですが、実際には、日本の法律では上限金利を定めており、それを超えて請求することはできません。
万一、闇金から借りて、様々な方法での取り立てや嫌がらせを受けている場合、先方は払うまで諦めない可能性があります。自分1人で悩むことが問題を引き延ばすことになります。
そこで、闇金問題解決まで流れですが、まずは警察に通報することが一番、効果的です。ほとんどの闇金業者は店舗を持たずに営業しているので、追跡や逮捕にまで及ぶことは難しいですが、警察が介入していることを知らせるには十分です。
次に、警察への通報と併行して、弁護士や司法書士など、闇金問題を得意とする専門家に相談してみることも効果的です。本人に代わって、闇金業者と交渉してくれますし、こちらは法律的に守られていて、徹底的に争う姿勢を見せることにつながり、先方が諦める可能性が高くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする