闇金問題は自分でも解決できる?

闇金融の厳しい取り立てに苦しんでいる人は弁護士などに依頼せずに「闇金問題は自分でも解決できる?」と一度は思ったことはあるはずです。
なぜなら借金に苦しんでいる人はなかなか弁護士に依頼するお金がないからです。そこで弁護士などに依頼せずに自分で闇金問題を解決する方法を紹介します。

そもそも闇金融は違法なので返済義務はないのです。ですから闇金融業者に「闇金融は違法なので返済義務はありません。これ以上返済しません」とはっきりと宣言することが重要です。
もちろん闇金融業者は「はい、わかりました」と引き下がるわけではなく、より厳しい取り立てが予想されます。そこで警察に被害を訴えるのです。
個人の借金問題は民事不介入が原則で本来警察が手が出せない分野ですが、闇金融は違法なので被害届けが出たなら警察も捜査せざる得ないのです。

その時に電話や自宅への取り立ての際の「返済しなければ殺す」や「会社に乗り込んで借金しているのをばらす」などの脅迫や脅しの様子を内緒で録音しておくことがポイントです。
さらに取り立ての際に暴力を受けたなら医療機関で診断書をもらって一緒に提出します。
これらの証拠を持って警察に行き、「闇金融に手を出してしまい法外な金利を払わされている」、「闇金融業者から厳しい取り立てを受け、精神的に参っている」などと訴えるのです。
もちろん警察に被害届けを出したからといってすぐに取り立てが止まることはないです。
闇金融業者をすぐに逮捕できるわけではなく、時間がかかってしまうからです。ですからその間、自分で闇金融業者と立ち向かうという覚悟は必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする