闇金からの嫌がらせ対処方法の2つの方法

闇金からの嫌がらせ対処方法大きく2つの方法があります。
一案は、嫌がらせは大抵1か月前後続くとされますのでこの期間をひたすら沈黙を守る方法です。これは、しつこいセールスが脈のない相手にいつまでも営業攻勢を行わないように糠に釘のごとく、闇金からの嫌がらせも効果のない相手に無駄な労力を費やすことをやめるものです。もうひとつの対処法は、前者の耐えるに対して積極的に対峙する方法があり、闇金からの嫌がらせ時にきっちりと録音や録画による証拠を押さえて、警察に持ち込む方法であります。この相談によって民事不介入であるものの警察は、自宅の周囲のパトロールを増やすはずですので、様子を伺いに来た闇金に対して抑止力となる効果を発します。警察の他に弁護士のもとに先に述べた証拠を持ち込んで相談を行って嫌がらせ行為の違法性を立証する方法があります。嫌がらせの一例を挙げて説明しますと、闇金業者が、闇金利用者を騙って、大量の寿司の出前を依頼する嫌がらせの場合、届けられた品物の写真と、すし店にあった以来電話の様子を聞き出す様子を録画して嫌がらせの証拠とするものです。最近は、ナンバーディスプレイの普及もありますので、出前時の電話番号も証拠の一つとなり得ます。出前業者がネットオーダーですからよくわかりませんと言った場合には、ネットオーダーを行う出前業者の場合は大抵の場合メールアドレスを記入するはずですのでその旨を尋ねて証拠とすることも考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする