ソフト闇金ってなに?

最近、ソフト闇金による被害が急増しており、ソフト闇金には注意するようにということが広く言われています。ただ、そもそも、ソフト闇金ってなに?っていう人もいることでしょう。
ソフト闇金とは、闇金の名称が付いていますので、当然、闇金の一種です。ただ、通常の闇金と違い、闇金ほど厳しい取立てがないのです。従って、ソフトなのです。闇金の厳しい取立ては広く知れわたってしまっていますので、従来どおりの闇金家業は難しくなっています。そこで、ソフト闇金が台頭するようになったのです。
貸金業者は貸金業法に則って営業しており、そして、国、または都道府県に貸金業の登録をしなければ事業を行えないことになっています。闇金は、それらを一切行っていない違法営業の貸金業者のことです。いくら取立てが厳しくないと言っても、ソフト闇金も闇金と何ら変わりありませんから、ソフト闇金を利用すれば、違法行為に加担したことになります。
ただ、ソフト闇金は、正規の貸金業者と見分けがつかないことが多々あります。特に、中小の貸金業者とソフト闇金の見分けがつきにくくなっています。中小の貸金業者は大手貸金業者を利用できなかった人の受け皿となる存在ですので、貴重な存在です。しかし、闇金の可能性があるのならば、利用したくても利用できなくなってしまいます。
ただ、正規の貸金業者であるか否かを見極める方法はあるのです。貸金業者には、広告に貸金業登録番号の掲載義務があります。ですから、掲載の有無を確認しましょう。もちろん、虚偽を掲載していることも考えられます。しかし、金融庁のホームページで貸金業登録番号の検索サービスを行っていますので、虚偽は分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする